Vintage Gibson World > ETG-150<1957> : Extremely rare tenor guitar

ETG-150<1957> : Extremely rare tenor guitarのカテゴリ

P1010004

おそらく、テナーギターというものを、このギターの画像で初めてご覧になった方も少なくないと思う。少なくとも、 現在のポピュラーな音楽シーンではまず、見かけることのないギターだからだ。そもそも生産本数が極端に少ないギターであるがゆえ、この個体のように、半世紀を経ても美しい状態を保ったものは、現存しているものではさほど多くないと思う。ギブソン社の残した記録によれば、1957年に製造されたETG-150は、管理人所有のものを含め、45本のみである。

古めかしいルックスだが、実は4弦しかないから、いや、4弦だからこそ紡ぎ出せる音の世界があることを、このETG-150は実証してくれる。シンプルな音構成だが、心にしみ入るチャーミングな響き。これぞ、テナーの魅力だ。

※このテナーギターはご縁があって、神戸の方にお譲りしました。これまで、私の所有でなくなったギターは新しいオーナー様のプライバシーを重視し、このサイトから削除しておりますが、今回はオーナー様のたってのご希望で、このサイトに引き続き掲載することといたします。よろしくお願いします。

ETG-150<1957>【Head stock】

ETG-150head1

1957年製のETG-150のヘッドは、基本的にギブソンのヘッドスタイルを踏襲したものだ。しかし、4弦であるため、ネックが細く、 ヘッドの下部は一見したところわかりにくいが、微妙に絞り込まれていて、似て非なるものだ。

ETG-150<1957>【Peg】

ETG-150peg

6つのペグがついているヘッドを見慣れた目には、1957年製のETG-150のヘッドは、違和感を感じるルックスだろう。「何か忘れていませんか?」。そう 問いたくなるような、間延び感がある。しかし、この4弦しかない、という素朴さが、実は独特のシンプルな音世界を形成しているのだ--。 この4つのペグを見つめていると、そんな思いがわき上がる。

ETG-150<1957>【Neck】

ETG-150neck2

ヘッドの大きさから見れば、1957年製のETG-150のネックは、極端なほどに細く見える。これで強度を保てるのだろうか、と心配したくなるほどだ。しかし、 半世紀を生き延びたこのギターを実際にプレーしていると、ギブソンが緻密な計算の末に、 プレアビリティと強度の兼ね合いを徹底的に煮詰めた上で、この細さを選んだことを思い知らされる。

ETG-150<1957>【Top】

P1010191 

1957年製のETG-150のトップは、スプルースのアーチドトップ。形状は、ES-125などと同様で、両脇にfホールを備えたタイプだ。

ETG-150<1957>【Bridge】

ETG-150bridge

1957年製のETG-150のブリッジは土台部分、ブリッジ部分ともにjacalanda(ハカランダ)。濃いめの茶色がかった硬質な材で、 4弦の振動を、きっちりトップへと伝えていく。

ETG-150<1957>【Pickguard】

P1010195

1957年製のETG-150のピックガードは、上級機種に採用されていた、マーブル模様、周囲を取り囲むように後付けされたエッジの装飾あり、 というタイプである。

ETG-150<1957>【Side】

ETG-150side

1957年製のETG-150のサイドはメイプル。ダークブラウンの深い色合いと、クリーム色のバインディングのコントラストが鮮やかな横顔だ。

ETG-150<1957>【Back】

ETG-150back 

1957年製のETG-150のバックは、メイプル。優美なアーチの様子が、画像で確認していただけるかと思う。

当サイトと免責事項について

  • Vintage Gibson Worldは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

カテゴリ

Copyright(c) 2007-2014 Vintage Gibson World All Rights Reserved.